スタッフブログ

長崎・稲佐山の夜景

 今年度新入社員として入社いたしまして日々目標をもって努力している毎日です。今回は、私が大学生の頃に過ごしました長崎県の稲佐山のことについて話したいと思います。長崎県長崎市の西方に位置します稲佐山は、標高333mと高いと言い難い山ですが、長崎駅及び長崎港を見下ろす夜景は非常に美しく、函館市の函館山と神戸市の摩耶山と共に日本三大夜景に名を連ねています。 また、2015年10月5日に長崎市で開催されました「夜景サミット2012 in長崎」において、世界新三大夜景にモナコと香港に並び、世界新三大夜景にも認定されました。また夜景だけでなく、日中の景色も天気が良ければ頂上から天草、雲仙、五島列島を眺めることができます。今回はその稲佐山に夜景を見に行った時の写真を載せたいと思います。
NONALNUM-54yq5p2R77yR-E

NONALNUM-54yq5p2R77yS-E

2017年12月24日 稲佐山展望台

交通手段として「自家用車で山頂まで行くルート」、「バスとロープウェイを経由するルート」、「車で中腹まで行きそこからシャトルバスに乗るルート」、「夜景見学バスツアーを利用するルート」と数種類あるのでアクセスのしやすい方法で登って景色を眺めてみるのはいかがでしょうか。

福岡支店営業部 猪村

— posted by 吉原建設 at 05:41 pm  

大分の炭酸水

 以前は、月に2回ぐらいのペースで大分久住の炭酸水を汲みに行っていたのですが、最近なかなか行く機会が無くなり、ちょっとご無沙汰でしたが、最近体調をくずしてしまい、妻からのすすめもあり、大分久住の炭酸水を汲みに行って来ました。日向から車で約2時間ほどで到着です。
NONALNUM-55Sw6YKK77yR-E

 私が行く、め組茶屋の入口です。
NONALNUM-55Sw6YKK77yS-E

NONALNUM-55Sw6YKK77yT-E

 水汲み場です。蛇口から、冷たい天然炭酸水が出てきます。今回は人が少なかったですが、混雑しているときの方が多いです。
NONALNUM-55Sw6YKK77yU-E

 効能です。生活習慣病体質の改善には、毎日1〜2リットルの飲用が良いらしいです。私も極力、炭酸水を飲むようにはしていますが、多分1日1リットル位でしょうか。まあ、これで健康になればと思い、これからも続けたいと思います。

日向支店土木部 田邊

— posted by 吉原建設 at 11:31 am  

癒しの時間

 突然ですが、動物ってかわいいですよね。今、家にはペットがいないので、親戚の家に遊びに行ってきました。なかなかの大家族で今は猫が8匹と犬が1匹います。そのうちの猫2匹は7月に入ってから新たに家族になりました。まだ生後3か月ということもあり、ちょこちょこ動き回って元気がある子猫たちでした。人懐っこくてずっと見ていたくなるくらいかわいかったです。
NONALNUM-5bKh5p2RMQ-E

NONALNUM-5bKh5p2R77yS-E

NONALNUM-5bKh5p2R77yT-E

 動物と触れ合うことによって心が落ち着きリラックスできますので、時間を見つけて猫とじゃれあいにいきたいと思います。ペットを飼われている方はもちろん、飼っていらっしゃらない方も近所や親戚、お店に出向いたりして動物と触れ合う時間をとっていただきたいとおもいます。

本社建築部 岡村

— posted by 吉原建設 at 04:25 pm  

毎年の行事

 私はここ数年、毎年の行事として、青島太平洋マラソンに参加しています。2010年(平成22年)に初参加して、2年空いて2013年〜2017年迄で6回の参加になります。毎回何とか完走はするのですが、目標である3時間台(出来れば3時間30分)には一度も達したことはありません。ちなみに記録は4時間20分台です。

 毎年ですが、「今年こそ3時間台!」とエントリー時には意気込むのですが、仕事の忙しさを言い訳にして練習不足で大会に挑んでいる状況です。ここ2・3年は、ほぼぶっつけ本番で大会を迎え、それでも記録は例年と大きな差はなく、4時間20分台で完走していました。しかし、昨年の大会では超運動不足もあり5時間05分と例年の記録より約40分も遅れてしまいました。

 そして迎えた今年6月20日のエントリー当日、『今年こそは3時間台を目指すぞ!』とまたも意気込んでいたのですが、エントリー開始時間の20:00を忘れてしまっていて、気づいたのが21:30! (◎_◎;) (毎年30分程度でエントリー受付完了になります。)ダメもとで、慌ててネットを開いたのですが、時すでに遅し… ネットでの先着枠(8,600人)受付は終了になっていました。 ショックで暫く放心状態でしたが、8月初旬の抽選枠(1000人)にエントリーして、抽選結果待ちとなってしまいました。まだ、参加できなくなったわけではありませんが、今は只々当選を祈っています。

 毎年の事ですが、マラソンを走っていて後半になると 『何でこんなにきつい思いをして走っているのだろう』と思うのですが、老若男女、障害のある方、いろんな方が走っていて、周りの方の頑張っている姿や沿道の応援を力に変えて何とか毎回完走できています。完走した時の達成感がたまりません!少しでも、走ることに興味のある方は一度マラソンに参加したほうがいいと思います。完走した時の達成感を味わってみてはいかがでしょうか(^^)
NONALNUM-5bGx5pys44OW44Ot44Kw5YaZ55yfNA-E

NONALNUM-5bGx5pys44OW44Ot44Kw5YaZ55yf77yS-E

 本当に当選していますように (>_<)        

本店土木部 山元

— posted by 吉原建設 at 08:12 am  

ふらっと一人旅

 えびの市の西にあたる真幸地区。(九州自動車道、えびのJCTの西側に位置します)県内有数の米どころであるえびの市の中でも、とりわけ美味しい米として知られる『真幸米』の生産地です。明治初期につくられた石積みの棚田が今なお残り、田の神さぁが畦『あぜ』に立つのどかな田園風景が特徴の町です。また、京町温泉、吉田温泉など良質の湯が湧出する県内唯一の温泉郷としても知られています。毎年2月には南九州最大の買い物市の『京町二日市』を開催しており県内外からも多くの観光客が足を運んでいるそうです。

 先月5/20(日)に開催された『えびの京町温泉マラソン』へ参加してきました。今回で3回目の参加になります。この大会はH28の熊本地震の影響にて第30回記念大会が中止になりその後の新燃岳や硫黄山の相次ぐ噴火にて被害を受ており、復興と観光に力を入れている地域です。

 さて、この大会の一番の特徴は『激坂チャレンジ』に限ります。高低差155m、8km地点から15kmまでの区間が”はんぱない”のぼりとくだりの激坂になります。その折り返しの頂点が『真幸駅』になります。3.2%の斜面のRUNは唯一無二…とまではいきませんがプチ箱根駅伝感覚で走る坂は・・・キツイのですが・・・リピートしてしまいます。

1

 スタート地点はコカ・コーラのえびの工場『グリンパークえびの』が会場になっています。九州道からも拝見できるコーク館は近くで見るとただただ「でかい」の一言にかぎります。コーク館は工場見学が無料であり、入口付近のコレクションギャラリーは、懐かしい古いポスターやボトル・グッズなど数多くのコレクションが取り揃えており楽しめます。工場では天然水の『い・ろ・は・す』の製造過程がみられるそうです。この天然水は国内6か所の水源にて生産されており、九州では唯一霧島連山の天然水をえびの市より水源(採水地)として商品提供されています。また近くのフラワーガーデンでは、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスが楽しめます。奥には芝生広場があり地域のスポーツ大会やレクレーションの場として提供されています。 経験ある方も工場だけでなく地域をドライブして観光されてはいかがでしょうか(^^♪今回はゴール地点がこの広場になりました。ゴール地点では地域の方々による特産品販売が多数出展され大盛況でした。又、ステージ前ではゲストランナーの森脇健児さんが、ようしゃべって盛り上げてました!「TBSオールスター感謝祭ミニマラソン見てくれ!」との事でした。

「森脇健児さん・・・とにかく元気!」
2

「で・か・い」
3

「コレクション多数」
4

 「完走したおっさん・・・一人旅?」
5

 すでに行かれたことのある方でも、地域観光として工場、広場、ドライブ、温泉、道の駅めぐりなどとコースとして楽しまれてはいかがでしょうか(^^)/

本店 建築部 田邊

— posted by 吉原建設 at 03:53 pm  

prev
2018.8
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
吉原建設株式会社