技術&サービス

わかりやすい アパート・マンション経営

MERIT 7 毎月安定した収入が得られるため、将来不安のある年金制度を補う私的年金として最適です。

他の金融商品で毎月分配金を受け取れる商品は少ないのが現状ですが、アパート・マンション経営は毎月安定的な収入を得ることが可能です。
また、年金の積立不足が叫ばれています。
少子高齢化で現役世代が減少している上に、不景気によって予定した運用利回りが実現できないばかりか、運用差損すら発生しているのが現状です。
しかも国民年金では、40%近くが納入していないという現状もあり、私たちが公的年金で受け取れる額は、将来、減少していくことが避けられません。
そんな時代だからこそ、自己責任で将来に備えることが大切ではないでしょうか。
「自己責任で将来に備える」とは、公的年金に老後のすべてを頼りきるのではなく、個人年金を準備することです。
そして今、個人年金に最適であるとして注目されているのが、アパート・マンション経営です。
アパート・マンション経営は、長期にわたって収益を生み続けるので、その収益を年金として活用することができます。
しかも、低金利の預貯金だけで将来に備える場合には、元本を取り崩していかざるを得ませんが、アパート・マンション経営では元本には手をつけないので、目減りを避けることが可能です。

アパート・マンション経営

アパート・マンション経営トップへ戻る→メリットGへ