技術&サービス

わかりやすい アパート・マンション経営

MERIT 6 家賃という性質上、他金融資産にくらべて近い将来に到来するインフレによる目減りがほとんどありません。

「インフレ(インフレーション)になる」とは、「物」の価値が上がり、「お金」(金融資産)の価値が目減りすることです。
現在の日本はその逆のデフレですが、近い将来に経済がインフレになることが予想されています。
その場合、預貯金等には目減りが生じてきますが、一方アパート・マンション経営は目減り現象がおきにくい運用手段です。
なぜなら、物価上昇や固定資産税の上昇に伴ない賃料も上昇するのが一般的だからです。
そうした賃料の上昇が、目減りした預貯金等の補填をしてくれることになります。
したがって、アパート・マンション経営はインフレに強いといえます。

アパート・マンション経営

アパート・マンション経営トップへ戻る→メリットFへ